今回のアメトーークは定時制高校芸人の過去を振り返る内容となっています。毎回爆笑を呼ぶアメトークなので、今回の定時制ネタも気になるところですね。あまり触れられることのなかった芸人の学生時代に何があったのか?どうして定時制に通うことになったのかを紐解いていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

今回の芸人&ゲスト一覧

  • 今田耕司
  • イシバシハザマ石橋
  • ラフコン森木・重岡
  • アンテナ元気
  • スピーディースピードボーイ
  • ワラバランス宮崎
  • ゴッホ向井ブルー

 

ゲスト/瀧本美織、FUJIWARA藤本

ちなみに瀧本美織さんは、鳥取敬愛高等学校に通っていました。※偏差値は40.0 – 55.0です。フジモンは大阪府立東寝屋川高等学校を卒業。※偏差値 48です。

今田耕司の通った定時制はどこ?

あの今田耕司もワケあって夜間の高校へ!?』という気になる見出しがありました。なので、早速調べてみました。

最初の高校入学は1981年

全寮制の日生学園第一高等学校(現在は桜丘高等学校)に入学しました。※現在の偏差値は56- 62ほどです。入学するもわずか一年で2回の脱走を試み、自主退学の選択をするのでした。その後、清風高等学校定時制課程普通科に編入という形で高校人生をやり直すのでした。

日生学園第一高等学校の場所はどこ?

住所は『三重県伊賀市下神戸2756』です。驚くことが一点あります。

 

 

周りは山だらけで何もないのです(笑) 脱走が頻繁に起こるも、逃げきれず連れ戻される理由はここにあります。つまり、逃げ場がないのです。車で追われたら、高い確率で捕まるそうです。

清風高等学校の場所はどこ?

 

住所は大阪府大阪市天王寺区石ケ辻町12-16です。ホテル大阪の目の前に位置しており、中高一貫ということもあり、学校自体はとても大きな建物でした。

清風高等学校の評判は?

非常に悪い!?という口コミが多く「入って後悔した」とう卒業生の声が多かったのです。理由としては、校則が厳しい。男子校。毎月散髪検査があり、携帯電話は一切持ち込み禁止。といった理由が多く見受けられました。

 

しかし、良いことも多くあります。「息子が真面目になって帰って来た」という保護者の声。イジメなどが発覚すると「写経800~1000巻書かされます」という卒業生の声もあることから、校則の厳しさが利点に働くこともあるようです。

清風高等学校の入学試験

当時の入学試験の場所は、校舎の中ではなくプレハブの中で行ったそうです。今はさすがにプレハブの中で行うことはないと思います(笑)

 

 

スポンサーリンク

今田耕司が日生学園を脱走した理由とは?

当時の日生学園第一高等学校では、脱走が日常茶飯委だったようです。というのも、超スパルタを飛び越え『刑務所』以上の日常を送る日々。その厳しさに耐え切れず脱走するそうです。今田さんも、その過酷さえに耐え切れず脱走→退学の選択をしたのではないでしょうか。それを裏付ける動画がありました。

 

 

 

 

身の毛もよだつ光景が繰り広げられます。これは期間限定ではなく、入学したら卒業するまで課せられる日課なのです。起床したら2kmのマラソンから始まり、体育館の雑巾がけ。各寮での清掃の儀式?と思わせる狂気の姿。トイレの便器も素手洗う?汚いところはどこにもない!ということでしょうか。今田耕司さんは、潔癖家として有名ですが、この時の生活が染みついてるのかもしれませんね。

どうして定時制に通うことになったの?

最初の高校を退学した後、ラーメン屋のバイトをしていた今田さん。そこの店長に「高校は出とけ」という言葉を深くかみしめて、定時制に通う決意をしたそうです。この店長の言葉が無ければ、高校に通うことはしなかったそうです。いい話ですね。

文化祭が闇すぎる件

今田が通った定時制の文化祭エピソードが面白すぎました。華やかなイメージをする文化祭なのですが、今田さんが体験した文化祭は、黒板にピンクのチョークで『文化祭』と書きます。机の上には、パンとジュースが・・。悲しすぎる絵エピソードに夜の闇が深まるのでした(笑)

お母さんが語る高校時代のエピソード

定時制を卒業したその日に「高校を卒業させてくれてありがとう」とお父さんに言ったそうです。その言葉を聞いたお母さんも、成長したと思ったのでした。この時の話をスタジオで聞きいた今田さんは、「ラーメン屋の店長に感謝ですわ」あの言葉があったから素直に言えたと、過去を振り返るのでした。

今田耕司にとって定時制とは?

「今田さんにとって定時制とは?」という質問を受け、今田が出した答えは・・

 

 

another sky

 

 

まさか他局の自分が司会の番組名を出すとは(笑) 最後まで笑いの絶えない定時制物語でした。60代以上でも、気兼ねなく通える定時制高校。高校中退で自分の夢を諦めた人でも、やり直せるチャンスが転がってるなら掴むべきです。それを教えてくれる今回の企画でした。最後までanother sky(笑)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク