小学校算数は奇習!茂木健一郎が説く小数点問題とは?

脳科学者、作家、ブロードキャスターという多彩な才能を持ち、マルチに活躍される茂木健一郎さん。

名も知らぬ子どもからの、あるツイートが事の発端となり、今回の問題がクローズアップされました。それが、小学校でも習う『小数点』である。

事の発端は?

茂木健一郎さんの、自身のブログで発言されていますが、そちらの内容を一部引用させて頂きます。

3.9+5.1=9.0」と書いたら、減点されたというツイートが流れてきて、とてもびっくりした。これははっきり言って一種の子どもに対する「虐待」である。これ以外にも、小学校の算数には謎の奇習があると聞く。

かけ算の順序、足し算の順序、という「問題」があって、2x3=6正解だが、3x2=6不正解、同じように2+3=5正解だが、3+2=5不正解、という「世界」があるのだという。詳細はアホらしいので書かないが、もし興味がある方は検索してみて欲しい。

ネットや世間の反応は?

・どちらかというと9.0の方が見た目はいい。統一感がある。

・海外は [ ]+[ ]= 9という問題を出すからこちらの方がいろんな答え・が考えられるから考える力がつく。ゴールが同じでもたどり方は人それぞれという考え方の方がいい。日本の教育は答えが一つしかないから自由な発想力はつかない。

・科学的にいえば「3.9+5.1=9.0」のほうが正しい。
大学の実験で0.3686+0.5314=0.9と書いていたら、「有効数字が違う、きちんと0.9000と書きなさい」と指摘された。

・有効桁数を考えるのであれば0.3686+0.5314=0.900が正解じゃないでしょうか。たしか小数点以下1桁分は余計に計算しなきゃいけなかったように思います・・・。違うかも。誰か教えて。

・有効桁数に小数点がどこにあるかは関係ないと思います。0.3686+0.5314=0.9000(有効桁数4)、0.5686+0.5314=1.100(有効桁数4)だと思います。ただ、精度の問題(有効桁数の観点とは別)で、足し算を繰り返すごとに下一桁の精度は下がるので0.900で考えるべきという考えはあります。

・会計の世界では小数点を統一するので5.1+3.9=9.0のが正解。

・数学の世界ではシンプルを追求するから9.0ではなく9が正解。とは言っても減点は行き過ぎだと思う

・>>会計の世界では小数点を統一するので5.1+3.9=9.0のが正解。
会計と算数は全く別物なんですが。

・>会計と算数は全く別物なんですが。
これは0.1単位の計算なので、答えは9.0で正解

・9だと8.5とか9.4も含むもんな

・有効数字が小数点一桁だから9.0が正解だろ。むしろ9は不正解

・>むしろ9は不正解
そうだけど、9を不正解や減点にしたら、それはそれで文句言われるんだろうな

・算数における計算式では、より簡潔に数字を述べるのが正解。
よって9が正解。

・9.0は△が妥当じゃないの。

・演算と理解が目的で表現は含まれないと解釈しました。しかしながら、この子は筆算で手順を残しており、1の位が9、少数第一位が0と答えを出しており9.0が妥当と考えます。もちろん9も妥当と考えます。
例えば回答が
9.0
9.2
とあるのと
9
9.2
では桁揃えた方が見やすい。
EXCELなどの表計算ソフトは
基本一括して桁を揃えます。
ちなみに採点では少数点は修正されておらず、
数字として不適格です。「9.」なんじゃこれ?

・センター試験にはもっと奇問が出る。奇問、奇習に慣れてないと必ずここで落とす

・>「小数点以下が0なら書かない」という条件があるかもしれないよ。
「3.9+5.1=」っていう時点で、0.1単位の計算ってことだよ

・科学の世界ではデータとして9にするのは間違ってます。9.0の正確さで測定したのですから

・指導要領通りの条件で採点するのは当たり前。ここでしているのは、実際に9.0を減点とした先生がおかしいという話ではなく、それを減点とする教え方がおかしいという話。

・算数や数学の世界では「特に言及されていない限り表記はできるだけ簡潔にしなければならない」っていうルールが有る。「小数点第一位まで求めよ」とでも書いていない限り9.0はより簡潔に9と書かなければならない

・こんなんでクレームいうモンスターが増えると困るから言うけど、習いだしたばっかりの小学生は少数が何だかまだ分かってないわけで、例えば9.0の0を斜線で消したりしない子の中には9.0が9のことだって気づいてない子がいるわけで、初めは「そうか!小数点以下が0になったら書かなくてもいいんだな。9と9.0は同じなんだ。」
ってまず理解しなくちゃいけない。
学年が上がって「小数点以下1位まで」と言われれば9.0が正解。かけ算は1箱に3個ずつ入ったお菓子が2箱あります。全部でお菓子は何個?なんて文章問題の時、3×2にする。3×2は3+3をかけ算にしたものだから。全然わからない子だと1、3、2という文章に出ている数字を適当に使って式を作っちゃったりする。「文章を読み取って考えを式で伝える」練習をしてるだけ。勿論計算で3×2=2×3は教えるよ。

・3.9+5.1=9.0」が不正解なら「9.0=9」では無い事になるじゃん。9.0でも9でも良いだろ。ダメな理由を納得できるように説明して欲しい。

・むしろ9だけの方が減点対象に見えるのですが小数点は統一するべきなのではないのかな

・クイズやなぞなぞじゃないんだから奇習とかいらない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    日本がものづくり立国を目指すのであれば9.0を正解とするのが理にかなう。
    有効数字を理解できなければ品質検査における検査員にはなれない。少なくともうちの会社では。

  2. 有象無象 より:

    虐待は言い過ぎでは無いかと思います。
    故意的にその生徒に対して×を付けたのなら言われても仕方ないですが、例えば、授業で9.0は9と直すようにと教えられていれば、単に生徒のうっかりミスでは無いのでしょうか?
    普通はこう言った場合、納得できなければ担当教師の所へ生徒が出向き不正解の理由を問うべきだと思います。
    それでも納得できなければ、周りに聞いたり調べたりしてみれば良いのでは無いでしょうか?
    小学生にここまでは求めれないかもしれませんが、親が子に対して先ず、担当教員に理由を聞いてみるように促すべきでは無いのでしょうか。

  3. 匿名 より:

    この減点は答えが正しくないから減点したわけではなく、教育的配慮による減点です。
    記事にあるような足し算なら問題ありませんが、小数点以下の0を整理することを指導しない場合、掛け算の学習で0.25×0.4の答えを0.100と書いてしまうからです。これも問題ないとするのか。
    これ以上に大事なのが、小数単元の導入では「0.1が10個で1になる」「1を10に等しく分けたものが0.1である」ということを児童がしっかり理解する必要があります。
    平均的な学力の児童の場合「3.1+5.9=9.0」は、同じ位の数を足すという操作を行ってるだけの可能性が高いです。「3.1+5.9=9」は、「1.0=1」という意味理解を伴わせる役割があり、整数と小数、分数のつながりの理解を強化していきます。
    茂木さんのような天才ならともかく、九九を覚えられない児童が混ざる実際の教室では、算数で子供を路頭に迷わせないための大切な工夫だと思います。

  4. ふこ より:

    色々な解釈がされているけど、もっと単純に考えるべきと思う。
    即ち、問題が小数点以下一桁だから答えも一桁にすべきである。即ち10ではなく10.0が正しい。4+6ならば10.0でなく10である。問題が小数点以下二桁なら答えも二桁とすべきである。即ち10.00のように。0もれっきとした数字であることを教えるべきである。小学生だから簡易的な表現を書くべきというならなぜ問題を小数点以下一桁にするのか。茂木さんの発言は正解。

  5. 匿名 より:

    子どもがツイートしたものではなく、子どものテストを見た大人がツイートしたのを茂木さんがご覧になって書いた記事のようです。

  6. 匿名 より:

    12月1日の方のご意見に賛成します。小数をはじめて取り入れる時(数を拡張して)1を10等分してその一つを、0.1と決めたわけです。ですから、0.1が10集まれば、1の大きさ、20集まれば、2、・・・・と考えるのが、順当でしょう。そうした思考で小数を学んできた者にとって、数計算での9.0を見て9と処理をするのが自然ではないでしょうか。そして「3㎝9㎜と5㎝1㎜の長さのひごがあるとき、それらを足した長さは、9㎝0㎜と考えるのが自然ですか、9㎝とするのがより自然ですか、いずれでしょう」小学校算数での数は、量の世界を色濃く反映しており、次第に抽象化していくものと思います。この後、測定値とか、有効数値としての用いられる小数の扱いは、それらの前提があっての扱いではないでしょうか。より高度の数学がそうであるからといって、上から目線から押し付け扱いには疑問を抱きます。

  7. ハイゼンベルグ より:

    先生自体、または初等教育界が疑問を持たずにこうした指導をしているという算数センスにあきれます。計算結果を簡潔な表現にしても一般的には問題ありませんが、無理に指導することは却って弊害があります。小数を扱った時点で既に自然数ではなく有理数または無理数です。後々有効桁数を教えるはずなので整合性がとれなくなります。
    脱線しますがマスコミ界には故意に数値を簡潔化させることにより自身、または自社の意見を通そうとしているものが多くあります。