直近の出来事といえば、2017年8月29日のAM6:00に突然のJアラートが発動!サイレントアナウンス、スマホからの警告音で飛び起きたことを昨日のように覚えています。

 

ホリエモンはJアラートに対し「起こすなよ!!」とキレ気味の発言をされていましたが、とても分かります。というのも、被弾を避けるためにどこに非難すればよいのか?コンクリートの建物に・・といっても、周辺にそんな建物がない場合はどうすればよいのでしょう。そういったお悩みを解決したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

自宅でもっとも安全な場所はどこなの?

 

  • お風呂(浴槽の中)
  • 地下室
  • 窓(ガラス)が無い部屋
  • 家の中心にある部屋

 

上記が世間一般的に、自宅で最も安全な避難場所とされています。お風呂にある浴槽の中っというのは、狭い空間でありながら身を守る場所としては実に合理的なのです。浴槽の中に隠れるのであれば、フタを閉めておくことでガラスの破片から身を守ることができます。

 

そして、下3つには共通点が一つだけあります。窓(ガラス)です。ミサイルが着弾し、一番最初に襲い掛かるのが爆風です。衝撃波と共に熱風も襲ってきます。そういった爆風を避けるための場所として、窓が無い場所を事前に探しておくことが大切なんですね。

 

 

スポンサーリンク

ミサイルだけとは限らない!?

北朝鮮のやり方なのかもしれませんが、サリンを用いたミサイル発射する可能性も高いのです、代表的なのが『サリン』です。過去に起きたオウム事件をご存知の方は、ピンとくるかもしれません。

 

[サリン被害が起きた場合の対処方法は?]

サリンは空気よりも重いので、地上低くを漂うのです。なので対処法としては、落ちたところより風上に逃げて、高い所に避難する。口をハンカチなどで塞ぐというのが一般的な予防法なのです。

 

 


仮にミサイルが家の外に落ちたとしても、家の外に出る行為は最も危険だといえます。TVが映らないという状況下に陥ったら、携帯ラジオを一つは持っておくことが大切です。上記は、ラジオ以外にも ”防災グッズ” を一通り含んだセットです。こういった物が一家に一つは備えておいたほうが無難です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク