日本郵便からとても心配なニュースが流れました。「ゆうパック」の料金を2018年3月から平均で12%値上げするというのです。理由としては、深刻なドライバー不足です。「人件費がかさむから配送料金を上げますよ」というお知らせなんですね。

 

 

スポンサーリンク

メルカリでもゆうパック料金は上がるの?

可能性ですが、きっと上がるでしょう。しかしですね、メルカリでのゆうパックがどれだけお得なのか?皆さんはご存知ですか?意外と知ってる方は少ないと思うので、どれだけお得なのかを先にお話しします。

通常のゆうパック料金

  • 北海道 → 東京までをサイズ60パックで送った場合の料金
    1,070円』+330円で沖縄まで配送可能
  • 北海道 → 東京までをサイズ80パックで送った場合の料金
    1,280円』+330円で沖縄まで配送可能
  • 北海道 → 東京までをサイズ100パックで送った場合の料金
    1,500円』+330円で沖縄まで配送可能

メルカリでゆうパックを使った場合

  • 60サイズ:600円
  • 80サイズ:700円
  • 100サイズ:900円

配送料は全国一律です。

通常のゆうパックよりも、メルカリがいかにお得なのかが分かると思います。メルカリ利用でゆうパックを使用した時にしか上記の料金は適用されませんが、通常料金が馬鹿らしくなりますね。

 

 

スポンサーリンク

2018年3月以降の料金とは?

平均で12%値上げということなので、110~230円のプラスと考えると分かりやすいと思います。メルカリでは、ゆうパック料金のお知らせが出ていません。私自身、今後の動向には注目しています。おそらく上がるはずなので、プラス100円ずつの値上げで落ち着くのではないでしょうか。

ゆうパックの値上げで今後のメルカリはどうなるの?

これも予想ですが、変わらず盛況だと思います。メルカリユーザーは、少しの値上げくらいでは衰退しないのです、ヤフオクよりも、一般人が参入しやすい環境にあるので衰退は考えられません。

 

メルカリ便の値上げに追随する形にはなるので、メルカリ便の料金に近付ける可能性が高いです。メルカリ便は6種類の重さに対応しています。そして便利な機能に、宛名不要というメリットがあります。ゆうパックの場合は、差出人と受取人の住所を記入しないといけません。そういったことを踏まえると、メルカリ便の一強が揺らぐことは考えにくい!? 今後のメルカリに注目していきましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク