メルカリの初めての出品は怖いですよね?売りたい物があるのに、どうやって出品すればいいのかな?ですが、やり方や手順さえ覚えてしまえば簡単です!変に知識がある人よりも、何も知らないまっさらな人のほうが覚えたらブレません♪

 

メルカリの出品はとてもシンプル!

 

最初のうちは難しいことは考えず、とりあえず何でも出品してみましょう。この段階では、売れることを目的とせず、経験を積むという意味を目的にしてください。なので、「これなら利益が出なくてもいいよ♪」ぐらいの気持ちで取り組むのが良いです。

 

これから始めます!という方は、目を通すだけでもいいのでご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

スマホの場合

 

スマホの場合は、トップ画面の右下に”出品”ボタンが表示されます。

そのまま進むと、写真・画像を求められます。その場で撮影をしてもいいし、加工した画像を利用することもできます。服など、その場で撮れる物であれば撮影したほうがいいと思うし、繰り返し出品して売りたいのであれば、画像を加工して使いまわすのもアリです。

 

商品名

商品名の記入欄です。商品名は40文字まで入力できるので、フルに文字数を使うのが吉。短く、具体性のないタイトルの場合、写真や画像のみで勝負することになってしまいます。検索する人が検索しやすく、内容も商品名のみでわかりやすくしてあげるのがコツです。

 

上記の出品画面を見てください。『パンツ』という商品名では売れにくい可能性大! その隣の『太鼓の達人タッチペン』と書かれた商品は、比較的早く売れるはずです。

 

もう少し具体性を持たせるなら『【新品・送料無料】太鼓の達人タッチペン4本2組のセット』と書き込んであると、検索しやすく、内容も伝わります。魅力的な内容に見えることも秘訣!

 

商品説明

商品説明欄も1000文字まで書き込めるので、短く簡素な内容よりも、商品の詳細が一目でわかる内容にしてください。タイトルの次に大切です。

 

あなたの出品を開くということは「興味を持った」ということです。せっかく興味を持った人が買わずに帰るということは、商品説明の内容が足りなかったのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

カテゴリー

次にカテゴリーの内容を決めます。カテゴリーの詳細に分かれており、売れるためには必須の選択になります。ピンポイントで商品名を検索窓に打ち込んで探す方もいますが、カテゴリーで物色しながらたどり着く方も少なくありません。

 

カテゴリーでたどり着いた方に対し、タイトルや商品説明が短く簡単に書かれているだけの商品は、なかなか売れない傾向にあります。

 

商品の状態

商品の状態の中身は、

  • 新品、未使用
  • 未使用に近い
  • 目立った傷や汚れなし
  • やや傷や汚れあり
  • 傷や汚れあり
  • 全体的に状態が悪い

新品や未使用としたほうが、魅力的に感じます。ですが、事実と異なるようなことがあってはいけません。明らかな中古品を新品と偽ってしまうと、大きなトラブルへと発展してしまいます。

 

配送料の負担

配送料は2種の選択をすることができます。

  • 送料込み(出品者負担)
  • 着払い(購入者負担)

 

売れやすいのは『送料込み』です。しかし、出品者が不利益にならないよう、考えて出品をする必要があります。しかし、物によっては着払いという選択もあります。状況に応じて判断していきましょう。

 

配送の方法

配送の方法には、沢山の種類があります。

  • 未定
  • らくらくメルカリ便
  • ゆうメール
  • レターパック
  • 普通郵便(定形、定形外)
  • クロネコヤマト
  • ゆうパック
  • クリックポスト
  • はこBOON
  • ポスパケット/ゆうパケット

 

これを選ぶ場合は状況に合わせて選ぶことをオススメします。たとえば、送料込み(出品者負担)の場合は『未定』のままでも問題ありません。

 

どうして未定のままでもいいのか?

  • 出品者負担なので、落札者には関係ありません。
  • 商品が複数売れた場合は変更になる可能性あり。
  • 必ず決めなければいけないという規則がない。

 

落札者負担の場合はどうするの?

  • 未定のままにして、落札者に選択させる。
  • とりあえず選択して、落札者の意向を聞く。

 

落札者負担で選択する場合は、商品説明の中に書いておくのが親切です。

 商品の発送は『クロネコヤマト』or『ゆうパック』で発送させて頂きます。落札者様の発送希望があれば、なるべくご意向に沿えるよう努めます。

 

上記のやり方をされる場合は、どの発送ができるのかを確認しておいてください。重量や料金を考えておかないと、お互いに気持ちの良い取引ができません。最善の選択をしましょう。出品者負担の場合、損をするのは最悪ご自身だけです。落札者の負担はありません。それだけに、ご利用は計画的に。

 

発送までの日数

発送までの日数は3つの選択があります。

  • 1~2日で発送
  • 2~3日で発送
  • 4~7日で発送

 

1~2日で発送できるのであれば問題ないのですが、2~3日の余裕を持ったほうがいいです。丸1日、取引連絡がないというだけでクレームをいう落札者もいます。1日でも発送が遅れてしまうと、メルカリ本部に連絡がいき、落札キャンセルといった事態にも陥るケースも。

 

出品の流れや手順のおさらい

  1. 出品ボタンをクリック
  2. 写真・画像を選択する
  3. 商品名を記入する
  4. 商品説明を記入する
  5. カテゴリーの詳細を選択
  6. 商品の状態を選ぶ
  7. 配送料の負担
  8. 発送方法を選択
  9. 発送元の地域(最初だけ設定)
  10. 発送までの日数を選ぶ

 

出品の流れと手順はこれだけです。出品のやり方がわからない!と悩む方もいますが、実はとってもシンプルです。売る物が毎回決まっているなら、本当に簡単!と感じるはずです。

 

正直、ヤフオクのほうが私は面倒に感じます。メルカリの出品は画期的!と感じるのは私だけではないと思うのですが、皆さんはどうでしょうか?

 

 

スポンサーリンク