時々見かけるのですが『¥ 9,999,999 送料込み』という出品者。メルカリの独自ルールを使用してるのかな?と思いきや、どうやら違う目的のようでした。

 

関連参考記事:メルカリ特有の独自ルールとは?

 

上記は他に存在する独自のまとめ参考記事です。ということで今回の場合は、メルカリで禁止されてるオークション形式で出品する出品者について書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

オークション形式で出品

私が見かけた出品者は、計4つの出品をしていました。その全てが『オークション形式』での出品なのですが、そもそもこれは違反にあたるのか?を調べてみました。メルカリの規約事項にはこのような内容が、

 

第1条 本サービスの内容及び弊社の役割

  1. 本サービスは、オンラインフリーマーケットサービスです。ユーザー(次条で定義します)間の物品の売買の場・機会を提供するもので、ユーザー間の売買契約、出品、購入等の保証等に関しては、すべて当事者ユーザーの自己責任とし、弊社は自ら売買を行うものではなく、売買の委託を受けるものでもありません。弊社は売買契約の取り消し、解約、解除や返品、返金、保証など取引の遂行には一切関与しません。また、本サービスは、競りの方法(オークション)により物品の売買を行おうとする者のあっせんを行うものではありません。
  2. 本サービスの内容は、本利用規約及びガイドに規定する通りとします。

 

 

本サービスの内容及び弊社の役割という項目には『当事者ユーザーの自己責任』ということが書かれており『オークション形式の出品者への対応は行っていない』ようです。つまり「トラブルが起こっても、当事者同士での自己責任で取引を行ってくださいね」という意味合いで規約にまとめられていました。

 

違反じゃないなら問題ない?

という話になってしまいますね。しかしですよ、フリマアプリと謳っていながらオークション形式で販売されていたら買い手は困ります。規約ではセーフでも、マナー違反に当たる行為です。

 

通常メルカリでは、出品者が「〇〇円で販売します。欲しい方は落札してください」という方法で運営されています。ですが、今回の場合は「欲しい方は、他の人よりも高値で入札してください」という出品方法です。

 

買い手としては困惑しかしません。正直、こういった出品物は売れてほしくありません。個人的な意見で恐縮ですが、マナーを守るからこそ気持ちの良い取引ができるのでは?と思います。

 

 

スポンサーリンク

ヤフオクよりも有利?

ヤフオクで出品したことがある方はご存知だと思います。ヤフオクの場合、出品期限が設けられています。当日~一週間の期間で設定可能。期限を過ぎたら、再出品へ。

 

メルカリでオークションをやる場合で有利なのは、期限がありません。売れるか、出品を取り止めるまで掲載され続けます。そういった面では、ヤフオクよりも良いのでは?と思いますが、意外とデメリットのほうが多い気がします。下記にメリット・デメリットをまとめます。

 

メルカリオクのメリット

  • 出品期限がない
  • 落札額を出品者が操作できる

メルカリオクのデメリット

  • 入札がされにくい
  • 価格の把握が面倒
  • 信頼が取引のすべて

 

はっきり言いますと『畑違いの野菜は育ちにくい』です。というのも、畑で違う野菜を育てるとします。その際に『相性の良い・悪い野菜』というのがあり、相性が悪い野菜同士では『育たない』という結果に至ります。

 

まあ当然ですね。本屋で野菜を販売したら売れますか?という質問をしてるようなものです。フリマという畑で、オークションという異質な野菜を育てようとしても、育ちません。

 

異質な野菜を見かけた人達は「買いたい!」という気持ちよりも「なにこれ?違反じゃないの?」という気持ちが先行すると思います。本当に欲しい人なら、購入するかもしれません。ですが、キチンと認識していますか?

 

最低入札額 & 落札期限がないことを。

 

ヤフオクの場合『1円出品』をしたとしても、1円で入札して他に入札が無ければ1円で決まってしまいます。この時の出品者の心理としては『処分にお金がかかるぐらいならタダでもいいから引き取ってほしい』という心理で出品する人も多いです。

 

もしくは、必ず高値が付き『目玉商品』として目立たせるために出品する。という明確な目的があって、故意に1円で出品している可能性が高いのです。しかし、メルカリの場合は『フリマが主体』になっています。オークション形式を用いた場合は落札者よりも、売りたいと思う出品者側に権限が発生してしまいます。

 

通常のメルカリ

『最低価格300円で出品 → 欲しい方は購入へ』

権限は落札者にあります。

 

オークション形式

『9,999,999円で出品 → 欲しい方は入札を』

権限は出品者にあります。

最後に

違反ではないメルカリでのオークションなわけですが、個人的にはオススメしません。入札がしづらいというのが理由です。こんな面倒なやり方をせずとも、希望額で出品した方が売れる可能性が高いです。

 

価値観の違いで「高い!」と思う人がいるかもしれませんが、その際は『値引き交渉』されるはずです。※値引き不可と記載する人は例外。

 

何でもそうですが、買い手のことを第一に考ることが一番の秘訣だと思います。オークションをやりたいなら、メルカリではなくヤフオクに出品することが一番ですね。ヤフオクでも最近では、フリマを始めましたね。メルカリのほぼパクリのような気はしますが・・。

 

用途に合わせて楽しむのが一番!というお話でした♪

 

 

スポンサーリンク