メルカリでは、これはよくある問題(トラブル)だと思います。出品者する側も落札する側も、自分の住所は知られたくない。そういった悩みを抱えてしまい、メルカリを楽しめないのは勿体ないです。『住所を悪用されたくない』と心配するよりも、悪用されないための方法をキチンと身に付けてください。

 

 

スポンサーリンク

出品者の場合

結論からいいますと、出品者が通常の発送をしてしまうと知られてしまいます。『相手の住所を送り状に記入。そして自身の住所も書く』これだと知られてしまいますね。しかし、メルカリ便を使えば知られることはありません。

 

というのも、住所を書く必要がないからです。住所といった個人情報は二次元コードに変換するからです。クロネコヤマトがバーコード情報をスキャンで読み取り、配送を行います。その二次元コードを普通の人が見ても「なんのこっちゃ」となるわけです。

 

参考記事:メルカリ便なら住所がバレない!?

 

具体的な対策は?

出品前・出品中でも編集にて、発送方法を『らくらくメルカリ便』に指定or変更すれば、匿名配送になるのでばれません。落札後にメルカリ便へと変更しても無意味なので注意してください!匿名配送を利用するには【購入手続き前に発送方法がメルカリ便になっているか?】が条件です。

 

落札者の場合

これは出品者の発送方法が『らくらくメルカリ便』になっているかどうかで決まります。もし出品者がメルカリ便に設定してあれば、落札者も匿名になります。ということは、出品者に住所を知られることはありません。

 

発送方法が未定であったり、他の発送になっていた場合は匿名になりません。購入をする際は『発送方法』も判断の基準にするとよいかもしれません。購入前に、購入者の希望で「発送方法を変えてください」と要望を出すのもいいかもしれません。しかし、運賃の金額が変わってしまうので、購入者の負担増とされる可能性もあります。

 

具体的な対策は?

住所を知られたくない!というのであれば、上記のメルカリ便で発送する出品者&商品を探すしかありません。それ以外は、住所が相手に伝わってしまいます。

 

 

スポンサーリンク

悪用される心配はないの?

実際に住所を知られることで、どのような悪用があるのでしょうか?ということを考えるのが大切です。「悪用されて困ってる」という話を聞いたことがないのですが「身に覚えのない資料が送られてきた」という話は聞いたことがあります。

 

ですが、名前や住所だけでは実際何もできません。個人情報であることは間違いないのですが、情報が少なすぎます。生年月日や身内の情報、個人の身分証明書といった物がないと金融も相手にしません。

 

情報屋に名前や住所を売ったとしても、たった一人の少ない情報を売ったからといって何の得もありません。むしろ個人情報を晒そうとしているのですから、リスクのほうが高いです。仮に何かを送られてきたとしても、受け取り拒否をするか配送会社へ返送するだけで済みます。

架空の住所を書いてもよい?

実際に出品者の方で時々いるのですが、基本的にダメです。ここまでくるとモラルの問題ですね。住所氏名は必ず書くというルールが決まっており『書かない・虚偽』というのは違反にあたります。

 

仮に出品者の住所を虚偽で書いたとします。配送されるも、落札者の住所氏名に不備があり返送の事態に。しかし、出品者の住所は架空の為『返送不可』に。結果、宛先不明郵便物として破棄される事もあります。

返品で新たなトラブル発生!?

これも時々聞くトラブルなのですが『届いた商品が破損や欠損があった』ので、出品者に対し返品(返送)手続きへ。と思ったら「住所が違うので、ココに送ってください」とやり取りのコメント。

 

落札者からしたらどう思いますか?住所がデタラメで送られてきたら、相当怒ると思いませんか?自分は住所を晒しているのに、自分は架空の住所で送ってきたの?と思われ、評価も『悪い』に付けられても仕方ありません。こういった新たな火種を生むような行為、マナー違反となる行為はしてはいけません。

最後に

結論として、住所を相手に知られたくないのであれば『メルカリ便』を活用しましょう。小さな物はネコポス、中の大きさなら宅急便コンパクト、大きな物は宅急便を利用する。と使い分けることで、大中小と発送のカバーが可能です。

 

落札者も、出品者の『発送方法』を確認すること。メルカリ便使用なら、お互いに匿名になるため住所は分かりません。そして、出品者の評価をキチンと見ること。『評価の数が少なすぎる。悪い評価が多い』こういった方から購入するのは避けましょう。

 

 

スポンサーリンク