アプリゲームのアカウント販売がメルカリで認可され、モンスト(アカウント)の出品が加速的に増えました。価格だけ見ても、モンストデータ売買の相場が一番高く感じます。

 

でも、どうやって引き継げばいいの?

 

実際にやってみようと思っても、データの売り方や流れは?アカウント売買でトラブルが起こったらどうしたらいいの?バックアップや引継ぎの流れと手順、トラブル回避の方法を合わせて紹介します。

 

 

スポンサーリンク

アカウント(データ)引継ぎの流れ

モンストの場合は、グーグルアカウントが必要になります。2017年3月24日(金)15時頃から『Google+によるバックアップ』の全機能の提供を終了します。替わって、XFLAG IDでのバックアップのサービスに移行していきます。

 

 

XFLAG IDとは

XFLAG IDは、XFLAGのサービス(モンスターストライクのプレイデータのバックアップ)を利用する時に使うアカウントです。ひとつのXFLAG ID(メールアドレス)とパスワードで利用することができます。

 

 

これで何が変わったかというと、自身のデータ移行&バックアップ、他人への譲渡がとても簡単になりました。Googleアカウントを用いる場合、新たにアカウントを取得してからの準備が大変だったのですが、約半分の手間で済みます。アカウントも1つだけ取得すればいいので、本当に簡単です。その流れを下記で紹介します。

XFLAG IDのバックアップ方法

モンストの画面で『その他』を開きます。

 

一番下に『データのバックアップ』があるので開きます。

 

 

XFLAG IDによるバックアップ』を選択します。

 

 

『はい』を選択しても、登録されていない場合は新規登録をする必要があります。新規登録といっても簡単なので、その流れは以下に。

 

  1. メールアドレスを入力
  2. 折り返し、登録のメールが来ます
  3. メールアドレス&パスワードの登録
  4. 正式登録のメールが来ます
  5. ログインをして完了です

 


 

 

XFLAG IDと連携をしますか?と求められるので『許可する』を選びます。これで『XFLAG ID』が発行されました。データ移行は上図の各IDを使用します。

 

 

スポンサーリンク

XFLAG IDのデータ引継ぎの方法は?

先に説明しますが、アンインストールをしてる状態で行います。新たにインストールしてからモンストを開く必要があります。次に『XFLAG IDによるプレイデータの引継ぎ』を選択します。

 

はい』を選択します。連携するかを聞かれるので『許可する』を選びます。この画面でバックアップで取得したIDを入力します。入力が終わり、引き継ぎの確認が取れれば完了です。

出品と落札の流れ&手順

ということで、メルカリやヤフオクで販売をする場合の出品と落札の流れ&手順は以下になります。特に注意することはありませんが、確認だけして頂ければと思います。

出品者の流れ

  1. モンストを出品
  2. モンストが落札
  3. 入金を確認
  4. XFLAG IDを取得
  5. XFLAG IDを伝える
  6. 引継ぎの確認をして完了

落札者の流れ

  1. モンストを落札
  2. 入金を済ませる
  3. XFLAG IDを教えてもらう
  4. 引継ぎの確認をして完了

クレームやトラブルを避ける!

出品者の場合は、落札されてからXFLAG IDを取得するのが良いかと思います。入金を確認してからでもいいのですが、準備に手間取ってしまうと、落札者の方からクレームが来る可能性もあるからです。

 

落札者の場合は、期限内の引き渡し日まではのんびり待ちましょう。「お金払ったんだから早くしてよ!」と出品者をあおる言動は、お互いに得はありません。期限を過ぎても、自動でキャンセルになりお金は戻ってきます。

 

アカウントのトラブルで起こり得るのは、”詐欺”だと思います。売買は信頼関係がすべてです。ヤフオクの場合は『データの持ち逃げ防止のため、先払いは絶対』ということを考えないといけませんが、メルカリは『先に支払い』なので、ヤフオクよりも楽だと思います。

 

ですが、データの内容が写真と異なる。というケースも起こるかもしれません。以下は落札者の場合で書いていきます。

偽物が届いた場合は?

仮に、データ内容が出品内容と違う場合。『受取評価は絶対にしない!』が大切です。評価をしてしまうと、運営側としても動くに動けません。評価をした時点で、取引が完了とみなされるからです。

 

運営側が動くにも時間がかかる恐れがあるため、あなたがすべきことは、落札ページ内で出品者と話し合いをしましょう。別に『返品ページを作る&口座番号を伝える』といったことは絶対にしないで下さい。新たなトラブルが発生する原因になります。

 

[絶対にしないこと]

  • 受取評価は絶対にしない
  • 返品ページを作らない
  • 口座番号を伝えない

[話し合いで解決した場合、落札者が行うこと]

  • 商品名
  • 取引相手のニックネーム
  • 事の経緯

上記を記入の上、運営に報告をしてください。

最後に

XFLAG IDのバックアップと引継ぎの流れは何となく理解できましたか? 相手にIDを譲渡することになりますので、渡した時点であなたのXFLAG IDは使用不可になります。厳密にいえば使えるかもしれませんが、同じIDを2つ使用することになります。そうなると、大きなトラブルに発展しかねないので使用しないでください。

 

出品者は、出品した時点でゲームをしないほうがいいと思います。オーブが増えることもいいのですが、写真と違う内容になるとトラブルの元です。出品したままの内容で引き渡してください。他にも詐欺といった被害にあわないために気を付けましょう。

 

参考記事:ゲームのアカウント詐欺回避方法!

 

お互いに気持ちの良い取引を心掛けましょう。

 

 

スポンサーリンク