神奈川県大磯町2つの中学校で給食の食べ残して相次いで問題となっている。という内容のニュースを見た時に「信じられない」と素直に思ってしまいました。給食=楽しみ。という記憶しか私にはないので、不味い?というワードに結びつかなかったのです。業者は『エンゼルフーズ』と特定されていたので、評判なども調査したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

給食が不味い!?その原因を調査!

そもそも給食が不味いというなら、我慢も出来るのでは?という昭和な考えが頭をよぎったのですが、話を聞くと「異物混入」のほうが問題になっているようなんです。

 

 

 

 

これが実際の食べ残しの画像です。キレイに食べてるのが一つだけで、その他は残されていますね。食べ盛りの中学生がこんなに残すのか?異常な光景に見えてしまいますね。

 

 

 

これは被害者の生の声です。ニュースで報道されてた内容は「木片やプラスチックの破片が入っていた。髪の毛や毛糸?のような衣類の糸。フタを開けたらコバエが飛び出した」という信じられない内容ばかりなのでした。

 

 

スポンサーリンク

エンゼルフーズの場所や評判は?

 

住所は神奈川県相模原市緑区橋本台1-30-20

支店名はエンゼルフーズ 湘南支店

会社の詳細

☆事業者名 エンゼルフーズ株式会社(本社:東京都北区
☆調理場:相模原市緑区(大磯町立中学校給食)
☆従業員数 300人
☆事業実績
・学校給食(相模原市中学校給食、愛川町中学校給食)
・幼稚園給食(私立柿の実幼稚園など)
・産業給食(八王子市役所など)
☆提供食数 約53,000食/日
☆運営理念
「永遠に未完成の給食作り」
今の給食に満足することなく、昨日より今日、今日より明日と日々全力で事業に取り組んでおります。お客様のニーズに合った給食作りを心掛けております
わが子の食事を作る」 この思いを常に忘れず、真心を注いで給食を作ります。
☆表彰
・農林水産省食品流通局長賞(H10.3)
・社会文化功労賞(H16.12)
・第20回優良外食産業表彰快適給食サービス部門大臣賞(H24.3)

エンゼルフーズの評判は?

  • 確かに捨てることはもったいないと思いますが、まずい給食が3年間も続いてると正直しんどいです。エンゼルフーズさんの方に訴えても改善されませんし
  • 大磯中学校の給食問題ですが、各局が味のことに時間を割いていることに違和感。異物混入があるんやからまずいとか冷たいとかそんな次元の話じゃないでしょ。ハエが入ってるかもしれない給食なんて誰が食べるだろうか。。なんで営業停止にならないの?
  • 相模原市内の幼稚園や中学でも不味くて有名。正直セブンイレブンの弁当のほうが何倍も美味いよ!
  • エンゼルフーズという会社がこんな元凶をもたらせているらしいのだが!! 思うに、経営悪化すると給料やら待遇や悪くなる、それを経営者側が改善しないから従業員も反発して仕事が雑くなる。 結構前からエンゼルフーズの悪評は定かになっているのに改善されないのは、従業員満足度が低いから品質に結果がでてる。
  • 町議会の議事録には町長の一存でエンゼルフーズに決めたようなことが書いてあったような。このあたりも分析して欲しい
  • 子どもの幼稚園も大磯エンゼルフーズなんだけれども、試食会に参加した限りでは特に悪い印象はなかった。 むしろこの金額でよくやってると思ったくらい。偏食の多いウチの子どもでも家では全く食べなかったブロッコリーやトマトなどを「食べられたよ〜」と帰ってくるくらいだったからね。
  • 大磯町の給食の問題。町長さんの一声で解決するのに、とあちこちで噂を聞いた。町長さんが、エンゼルフーズに急に独断で決めちゃったって。鶴の一声で始めたのなら、今また給食調理室作ろうって、なぜ言わないんだろう。自分の過ち、非を認めたくないらしいって皆言ってる。
  • どうもこの事業者、保育園とかの規模の給食事業がメインだったが事業拡大で小学校規模まで拡大させたけど、質が全く追いついてなかったって感じで給食問題引き起こしたって感じ。
  • 大磯のマズイお弁当ってエンゼルフーズなのか💦 すごい納得しちゃったょ…うちの子達の幼稚園弁当もエンゼルフーズなんだけど、試食会の時になんて美味しくないんだろ、って思った思った。 しかも値段360円とか。子供達にも不評で残す食べないは当たり前。
  • プロポーザルの参加業者はこれによれば2社ということなので、エンゼルフーズ以外にももう1社あったようだし、鶴の一声っていうのはガセなんじゃないかなという感じですね。

業者は変えられないの?

「不味い・異物混入」と騒がれていて、それでもこの業者を使い続けなければいけない理由は?という疑問を持った方は多いはずです。考えられる理由は以下になります。

 

  1. 契約期間が残っている
  2. 委託御者が見つからない
  3. ようやく給食制度を導入

 

1.まずは契約期間が満了ではないからです。満期に至らずに解約してしまうと、違約金が発生するのでは?ということが考えられます。2.次に、エンゼルフーズ以外の委託業者が見つからないということ。給食委託の募集をかけてもなかなか見つからず、ようやく見つかったのがエンゼルフーズだったようなのです。3.そして最後に、ようやく給食制度を導入できた。という点。これまで大磯町の中学校では、給食ではなく各自弁当を持参していました。その為、保護者による給食導入の声が以前から挙がっていました。長年の訴えが、エンゼルフーズによってようやく叶ったというのです。

 

上記の理由から、業者を変えられないのです。しかし、これだけニュースに取り上げられ世間に注目されたわけですから、エンゼルフーズも笑ってはいられない状況なのではないでしょうか?食の改善に向かう可能性もあるし、会社存続の危機に陥ってる可能性も考えられます。自分たちの保身に走らず、子供達の体を第一に考えていればこんな事態を招くこともなかったでしょうね。

追記:業者を変えずに続投!?

 

これだけ世間を騒がせておきながら、給食業者は変更ししないようです。理由としては「異物混入の原因特定ができるまで給食業者を変更しない」ということです。

 

 

「??????」

 

異物混入84件のうち、15件しか業者で混入したという特定ができなかった」という理由もあるようですが、そんなはずはないと思いませんか?たった15件!?という印象しかありません。「フタを開けたら虫が飛ぶ。木片やプラスチックの破片は?」これふぁけの問題を抱えながら髪の毛の15件しか特定されないという。恐怖しかありません。製造過程で入らないで、どこで混入できるのか教えて頂きたいです。

町長と業者の癒着(ゆちゃく)の可能性は?

 

入札の段階では、エンゼルフーズともう一社が候補に挙がったそうです。その一社を決定したのが町長の『中崎久雄』さんです。ここまで騒がれても、委託業者を変えない理由とは一体!?という世間の声。町長らしからぬ悪い噂が絶えません。子供のことを想うなら「原因が特定できない。契約が満了になっていない」という理由で続投するのではなく、業者委託を止めるべきでした。

暫定的な措置

弁当に汁物が追加。そして各自弁当の持参。

 

もう給食からかけ離れた現状があります。子供達の声を聞きましたか?「お母さんが作ったお弁当のほうが美味しい。給食を無くしてほしい。怖くて食べられない」とインタビューで語る子供達の声。これらの声をすべて無視して、給食の続投です。とても悲しい決断だったとしか思えません。

最後のまとめ

デリバリーシステムや、委託業者のエンゼルフーズが悪いと言ってるわけではなく、子供達の悲惨な現状を軽視してることが問題だと思うのです。私も、自分の子供が問題だらけの給食を毎日食べていたら・・。と考えるだけでもゾッとします。

 

お金を払って「不味い・異物混入」という給食を食べさせる。これだけを聞いても「我慢して給食を食べなさい」と子供に言えるでしょうか?私には無理です。遠回しに言ってしまった、今回の続投発表には耳を・・いや神経を疑ってしまいます。子供達の健康を考えると、早期改善を望みます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク