ついに最終回を迎える『愛してたって、秘密はある。』ですが、8話からの展開には驚くばかりでした。気付いてますか?このドラマの中で起こる事件は、一つではなく複数の事件が同時に起こっていました。その事件が妙な形で絡みあっていたので「分かりにくい」という印象を受けてしまったのです。

 

前半は予想なので、後半まで読み進めてください。

 

 

スポンサーリンク

父を殺害した犯人とは?9話までを見終えて

これは1話から判明していた奥森黎(福士蒼汰)で間違いないでしょう。思い返せば、1話から最終回まで悩み通しでした。この悩み苦しむことから生まれたのが、もう一人の人格だったのか?と思わせた8話→9話。

 

9話で、日記の中身が判明しました。母・奥森晶子(鈴木保奈美)は日記を息子の黎にも見せることなく、隠し持っていた理由。それは、黎に中身を見せたくなかったからです。父が母に対して暴力を振るった理由。その原因を作ったのが、立花爽(川口春奈)の父・立花弘晃(遠藤憲一)であったことを隠したかったのかもしれません。

 

立花爽との恋、そして結婚を「邪魔したくない」という母心が働いたのか? 8話では「黎が爽に自らの罪を話、警察に自首する」というメモをテーブルに置きました。そのメモを見て、母は日記を燃やすのでした。この燃やすという行為の意味は? おそらく「自らが自首をし、黎に捜査の手が及ぶことを回避するため」に証拠を隠滅したのではないでしょうか?

本当に奥森黎が関与していたのか?

核心はありませんが、晶子が息の根を止めた。という可能性は低いでしょうか?息子に対し、嘘を貫き通すことを最後まで強要していました。『息子をかばうため』と思わせておいて、実は自分が犯行に及んだ?これは完全な予想なので「それは違うでしょ」という思われるかも( ;∀;)

最終回までの伏線まとめ

個人的に気になる伏線だけをまとめました。

 

  1. 不可解なメールの差出人は誰?()
  2. 爽の髪飾りを盗んだ犯人は?()
  3. 盗聴器を仕込んだのは?()
  4. バラの花束には意味がある?
  5. 遺骨を送り付けた犯人は誰?(サク)
  6. 凶器を送り付けた犯人は誰?()
  7. 母を階段から押し転落させた犯人とは?()
  8. 婚約指輪が父の指輪がすり替わっていた?(サク)
  9. 父殺しの証拠を持ち出した犯人とは?(サク)
  10. 風見先生に骨と凶器を送ったのは?(サク)

 

メール、遺骨、凶器、花束。それらを送り付けた犯人は誰なのか?という伏線が1話から9話まで続いています。最終回を見てからでないと謎が解明しないので、予想を交えて書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

1.不可解なメールの差出人は誰?(予想)

差出人不明。件名なしで「庭のお父さんには彼女を紹介しないの?」という謎のメール。このメールが狂気の始まりだったのかもしれません。不可解なメールはその後も続きます。気になる差出人とは一体誰なのか?

 

黎の可能性はない?

 

自分宛に送り付けることは考えにくいです。仮に、別人格が送ったとしても「見慣れたアドレスなら気付く」からです。同じ理由から、爽の可能性も無い?それに爽自身も、不可解なメールを送り付けられています。ここで可能性があるのは、メールを送られてない人間だけ。その中でも可能性があり、2人のアドレスを知ることができる人物。そう考えると絞られてきます。

 

  • 母・奥森晶子
  • 香坂いずみ

 

母であれば息子のアドレスはもちろん、爽のアドレスを知ることは容易です。そして、一番可能性があるのが香坂いずみです。2人にとっても『恩師』である香坂。2人のアドレスを知っている可能性は十分考えられます。

 

ハズレです(笑) 予想が大外れ(;O;)

1.不可解なメールの差出人は誰?(解答)

母でした。この行動の真相は最後のほうで分かります。

2.バラの花束には意味がある?

とても気になったのは花束にはバラを使用していたこと。しかも黄色です。花の種類と色に、何か意味があるのか?という疑問があったので早速調べました。

黄色のバラの花言葉とは?

実は「愛してる」とは真逆の意味なのです。

 

  • 別れ
  • 嫉妬
  • 恋の終わり

 

そして本数でも意味が異なります。

 

【 本数によって変わる、バラの花言葉 】

★ 1本・・・・・一目ぼれ
★ 2本・・・・・この世界は二人だけ
★ 3本・・・・・愛しています、告白
★ 6本・・・・・あなたに夢中
★ 11本・・・・最愛
★ 15本・・・・永遠の友情

 

ドラマの中では、沢山のバラが送られていました。回を重ねる毎に本数も増えていき、最後には推定30本以上?そうなると考えられるのが『深い愛・深い友情』というワードが思い当たるのです。庭に置かれたバラは生き生きしていましたが、黎の箱に遺骨と共に置かれたバラだけはドライフラワーのバラでした。

 

送り付けた人間は2人?それともメッセージが異なるのかもしれませんね。

犯人は香坂いずみ?

第9話の時です。香坂いずみは何かしらの案件で弁護士としての職務をまっとうしていました。その依頼人との会話の中に、大きなヒントを話していたのです。

 

  • 香坂「百の嘘も一つの真実には敵いませんから」
  • 依頼「その時計、男性物ですよね?」
  • 香坂「昔、男にプレゼントしようとしたやつなんですけど、色々あって渡せなくて。その時の気持ちを忘れないように。許しちゃいけない罪ってあると思うんですよね」

 

香坂には許せない恨みがあることが判明した瞬間です。8話では、黎に対してこのような発言をしています。「奥森君は犯人を許せる?その犯人の弁護ができる?」と聞くのです。9話の時計の発言を聞くまでは流した会話も、振り返ると怪しく感じます。そして爽が宛の日記のコピーを見た香坂の表情は、怒りを抑えるような表情に・・。

 

犯人ではありませんでした(笑)

香坂いずみと奥森皓介との関係は?

恋人だったのか?それとも片想いの男だったのか?

「時計はプレゼントするはずだった」と話していることから、渡す相手が遠い所に行ってしまったのか。この世には存在しないのか?という予想ができてしまいます。そのことを踏まえると、奥森皓介と何かしらの接点があったのではないでしょうか?

 

黎が香坂の息子?という説は無いと思いますが、2人を温かく見守っていた?という公式の紹介には疑問があります。「見守る→監視?」だとしたら。愛する人が消えた。家族が怪しい。監視をすれば彼ともう一度会えるのでは?と、監視していた時に事件の真相を知ってしまった。復讐せねば!という展開も考えられます。

 

まったくの無関係でした(笑)

真相は複雑怪奇!?

上記はメールの差出人を予想したものでした。しかし、遺骨や凶器に関しては『黎 or 母親』が関与しているのでは?と想像します。黎ではなく、もう一人の人格が動いたのではないでしょうか?母親の可能性は薄いのですが、無表情の行動には何かしらの意図があるのでは?と勘ぐってしまうのです。

 

上記の他にも、風見が何かしらの犯行をしていた可能性。そして香坂も犯行に及んでいた。特定の人物ではなく、複数の人間が絡んでいるのでは?という予想を立てておきます。当たってると嬉しいのですが(笑) すべての謎と回答は、ドラマが終わった後に更新させて頂きます。

別な人格の黎の犯行とは?

荒らされた部屋に「残されたDVD」そこに映っているのは自分!? 別人格が黎に伝えたかったこととは一体!? と、気になると思うので、早速触れていきます。

黎の犯行

  • 遺骨を掘り出した。
  • 骨を送り付けた。
  • 自分の部屋に骨をしまった。

 

別な人格の名前は・・『サク

黎は爽が嫌いだった!?

綺麗ごとを言っておきながら、結局最後には自分を見捨てる。爽に対して、もう一人の人格は「お前みたいな偽善者が大嫌いなんだよね」と言い捨て、家から追い出すのでした。

凶器を送った人物は?

なんと母でした。そして拘置所に現れた黎に対して「思い出したの?」という不可解な言葉。「あなたは過去に日記を見てるの」そして「今度は耐えられたの?」。これらの言葉を繋ぎ合わせるとこうです。日記を見た黎は、罪の重さに耐え切れずもう一人の人格を生み出したというのです。その時に生まれた人格が『サク』なのでした。

母の本当の狙いとは?

黎を守るための犯行だった!? サクというもう一人の人格が黎の人生をメチャクチャにしようとしていた。それを阻止し、黎を助けるための必死の抵抗だったのでした。

事件の真相とは?

やはり複雑でした。改めて整理しないと意味不明な事件ですね。

 

  1. 黎が父を殺害
  2. 父の日記を見た黎は罪の意識から別人格を生み出す
  3. 年月が過ぎ事件が風化した矢先、爽との結婚が・・
  4. 爽という人間が許せないサクは、再び目覚めることに
  5. 母は黎や爽の身の危険を案じて、妨害をし始める
  6. サクは母とは別行動で、黎を追い込んでいくことに

 

今回の事件の発端になったのは、爽との出会いからでした。そして皮肉なことに爽の父が黎の父を追い込んだことが本当の始まりでした。しかし、爽と出会ったことは偶然だったのか?という大きな疑問が生まれます。つまり、サクが引き合わせた出会いだったのかもしれないということです。

 

爽に対して、サクは「偽善者」と罵りました。結婚の気持ちが揺らいだから偽善者と言ったのでしょうか?それとも、爽の父を含めて娘も偽善者と罵ったのか?その辺が気になりますね。

 

母は、息子の味方であり黎を最後まで守りたかったのです。結婚の邪魔をするサクを抑えるために妨害を行っていました。しかし、サクはそれらを利用したのかもしれません。母が自ら自首した行為も、黎という人格が崩壊しないための行動だったではないでしょうか。

最後に

香坂いずみは事件とはまったくの無関係でした。時計の件があったのですが、あれは息子に贈る予定の時計だったのです。子供を産むも、育児放棄をした香坂さん。息子に会おうとするも、元旦那は拒否。贈った時計も送り返されるのでした。過去の自分が許せない。というオチだったのでした。

huluで特別配信を見るには?

登録して見るしか方法はありません(笑)


月額933円なのですが、最初の2週間は無料なので、その期間で見るのが賢いと思います。過去作品を見るも良し、見たかった映画を期間内に思う存分見るのも賢いですよ♪

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク