愛してたって秘密はある』をご覧の皆さんは共感して頂けると思いますが、あのドラマ・・「面白いですよね??」という感想(笑) 最初は「このドラマ無いかな」と思ったのですが、回を重ねる毎に面白い展開になっていくわけです。本題はソコではなく、ドラマに出演するミステリアスな女子高生にフォーカスしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

かりん役の女子高生は誰?

 

ということで、吉川愛さんという17歳の女優でした。若い!と思ってしまいました。そして共感することが一つありました。それは、10月28日生まれ・・私と同じ誕生日でした(笑) デビューは2017年4月1日とつい最近のデビューと思ったら、過去の芸歴は凄まじく長いのです。なんと10年以上!?

 

過去の芸名吉田里琴という名前で子役~女優と活動していました。出演ドラマの経歴だけを見ても、ホタルノヒカリ(雨宮蛍(幼少時代)メイちゃんの執事リーガル・ハイあまちゃんなどにも出演しています。女優の登竜門?のスカッとジャパンにも出演経験ありです。

 

参考記事:吉川愛の引退理由と改名意図は?事務所トラブルや彼氏疑惑が原因?

 

華々しい活躍をするも「勉強に専念し、芸能界の仕事には一切の未練もない」と引退を決意するのです。引退後は、普通の女子高生として生活を送るのでした。順風満帆な人生を送ろうとした矢先、研音の人間にスカウトされたそうです。未練はまだあったことに気付いたのか、2017年4月1日に『愛してたって秘密はある』で再スタートをするに至りました。

 

 

スポンサーリンク

気になる浦西果凛の正体とは?

ここからはドラマの話に戻ります。浦西果凛(うらにし かりん)のドラマでの立ち位置について考ええていきたいと思います。そもそも果凛は、レイの家庭教師の教え子にも関わらず本編には度々登場しますね。レイに片想いというだけで、登場しているのか?ということが気になるのです。

 

そして福士蒼汰(レイ)に嫌がらせメールを送っていた!?という視聴者の予想。ですが、この行為をする理由が思い付きません。父の白骨を掘り起こすという行為もさすがに不可能だと思います。その場所を特定し・・その前に不法侵入で捕まる恐れがあります(笑) 箱に骨を並べ、病院やレイの部屋に置くという芸当が高校生には不可能だと思いました。

 

果凛は今後のキーマンになる!?

 

レイの正体に気付くのでは?という推測を立てておきます。レイを好きなあまり、本質に触れてしまうのではないでしょうか。本質というのは、8話以降に判明するレイの真実です。

 

参考記事:犯人が8話で判明!?動機や真相とは?

 

メールの差出人が一体誰なのか?という謎の伏線を残しつつ物語は進んでいきます。サワを理解し始めたカリンが、今後のドラマに一石を投じる可能性が高いと予想します。あくまでも予想なので、それは違うんじゃない?私ならこう思うよ!というご意見があれば、コメント欄に書いて頂けると幸いです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク