コードブルーもついに第9話に突入ですね。冒頭から橘優輔君の「疲れた・・」から始まる重い展開に、りょうの困った顔が印象的でした。ラブストーリーは不要の医療系ドラマですが、人間模様が前面に出る切ない話はグッときます。今回は、チョイ役ではあったのですが車椅子のラグビー選手は誰?と優輔が手術を断る理由とは?についてお話したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

車椅子のラグビー選手役の俳優は誰?

早速、本題に入りましょう。ラグビー役を演じる俳優は、

 

 

 

 

成田瑛基(なりた えいき)さんという方でした。1989年生まれということなので、28歳ですね。出身は神奈川県で、事務所はアパッチという会社です。ん~、聞いたことがない事務所です(*´▽`*)

 

さらっと経歴をいうと、[映画]パッチギカイジ2に出演していました。クローズにも出ています。強面が功を奏して、不良の役が多いのかもしれませんね。見た目がということで、性格は優しい!と勝手に想像しております(笑) テコンドー、ボクシングや空手といた武闘派の成田さん。今後も格闘系の役が回ってきそうですね♪

コードブルーでの役回りは?

33歳の車椅子ラグビー選手。ハーフタイムのウォーミングアップ中、車椅子ごと階段から落ちたらしい。

 

というあっさりな役回りでした(笑) 久々にドラマ出演ではあったのですが、今後に期待ということで次回出演を楽しみにしましょう♪

 

 

スポンサーリンク

優輔が手術を断る理由とは?

三井環奈(りょう)は息子、優輔(歸山竜成)が最近「疲れた」という言葉を口にするようになったと夫、橘に報告。3年間、優輔の心臓移植を待ち続けてきたがもう限界と悟った橘は海外での移植を提案、三井も同様の考えだった。そんな時に移植ネットワークから連絡が入る。

 

吉報が入り、橘啓輔(椎名桔平)と三井環奈(りょう)は息子が助かる!という嬉しさがこみ上げてくるのでした。息子の優輔に手術の話をすると「僕は手術しない」と断るのでした。なぜ?と息子に問うと、意外な答えが・・。

 

 

僕はお父さんが大好き。でもお父さんは、僕と同い年位の子供の死亡記事をスクラップ帳に集めてるでしょ?

 

 

息子のこの言葉に、橘啓輔(椎名桔平)はハッとするのでした。自分の息子と他人の息子とを無意識に照らし合わせていたのです。自分が死んだ時に、どれほど辛い顔をするのだろうか?大好きな父親の悲しい顔が浮かぶ。それが耐えられないと言うのです。

橘啓輔が出した結論とは?

啓輔の心中は、移植後も辛いリハビリーが待ち受けている。他人の命を受け継ぐという辛い試練も待ち受けている。あの小さな体に、重く圧し掛かる未来が耐えられない。しかし、その考えを全否定したのが緋山美帆子(戸田恵梨香)でした。緋山の言葉に自分の考えを捨て、息子には長く生きてほしいという想いで『移植手続き』を決行するのでした。

息子に託す願い

嫌われたっていい。 移植を受けてくれたら。 生きていてくれるんならそれだけでいいんだ。 自分を責める必要は無い。 お父さんがゆうすけに生きていて欲しいから移植するんだ

 

この言葉は『名言』という言葉で済ますには軽いと思いました。子供の命を極限まで考え、耐えた時間を凝縮したような重い言葉です。我が子想う父親の想いが伝わるセリフでした。

最終回に向けて

千葉新都市地下鉄開通前の線路内にて崩落事故が発生、負傷者多数、子どもも含まれているという。1時間で予想もしなかった事態に次々と見舞われることに・・・

 

地下水が滲み・・天井の崩落!? 白石恵(新垣結衣)の最後の言葉。

 

こうしてチームはバラバラになった・・

 

藍沢耕作(山下智久)がガレキに埋もれてしまう!?最終回は藍沢先生が無事に生還できるか?というところがキーポイントですね。フェローが窮地を救う!という展開を期待しています♪

過去の物語を全部見るには?

実はあります。2週間の限定にはなるのですが、無料で1話から全部見ることができます。それが下記の『hulu』です。耳にしたことがあると思いますが、それです(笑)


『コードブルー3』以外にも、映画やドラマが全部見れるのでお得としかいえません。月額933円という安価なので、ツタヤでDVDを借りるよりも10倍は得をします。返す手間がないだけでも、楽ちんですよね♪ 気になる方は2週間の無料期間だけでも利用してみてください。それ以降は解約すれば問題ありません。

 

 

スポンサーリンク