アメトーーク!『ピンポイントアカデミー大賞』ということで、個人の熱いプレゼンが展開されました。もっと早い時間に放送してくれると家族で見れるのに(笑) 日曜と違い、木曜は遅いのがネックです( ;∀;)

 

 

スポンサードリンク


出演者一覧

発表者

  • 千原ジュニア
  • ケンドーコバヤシ
  • FUJIWARA原西
  • ANZEN漫才みやぞん
  • バイきんぐ西村

審査員

畠山愛理

FUJIWARA原西「プリキュアの世界」

「プリキュア」について熱が入った激トーク(笑)

 

 

 

2009年に放送された「フレッシュプリキュア」。長女と一緒に見たのがきっかけででハマったようです。13・14年は、子供が飽きてしまい見なかった?と思いきや、一人で見ていたそうです(笑)

 

再放送分の600話も全部見たほどなので、相当プリキュアが大好きなのでした。子供とプリキュアごっこをするものの、3人ということで1人足りない!?と悩んでいたことが、今回のアメトークで解決したのです。

 

 

 

 

 

畠山愛理さんも巻き込んでのプリキュア!当然ながら、畠山愛理さんがダントツで可愛かったです(笑) 意外とみやぞんがノリノリだったので、違和感がすごい(笑)

みやぞんの「もっと花を知って」

実は花屋で6年間働いていたみやぞん。大好きな花があり、その中でもゆりの花が大好きなのです。ゆりの花は「もめ事をしない」花と言われており「香り?フェロモンが気持ちを落ち着かせる効果」があるそうです。一本1000円と高価で、花が開いていないつぼみの状態が最も高いそうです。

 

すでに花びらが咲いている状態だと、購入しても枯れていくので花を楽しむ期間が短いそうです。しかし、つぼみの状態で買えば花が咲くまでの期間も楽しめるので高いとのこと。

ひまわりも好き!

一本300円で購入できるひまわり。人と同じで、ひまわりにも個性がある?太陽に向いて、すべてのひまわりが咲いているわけではない。実は愛情をこめて育てるよりも、雑に扱ったほうが強く成長するらしいのです。不思議な花ですね(笑)

ワスレナグサ

一本200円で購入できる花。花の生態は、ビルの間の日陰に咲いているような花。「人間も同じように、そういった日陰に寄っていき、そこにこの花が咲いていたら忘れないですよね?素敵ですよね?」というみやぞんの意見。まったく意味がわかりません(笑)

ナスタチウム

「実は食べられる花」らしいのです。食用として、サラダに入れてもよい。苦い味わいながらも、食べたらくせになるかもしれません。私的には、普通のサラダのほうがいいです(笑)

フォックスフェイス

一見するとレモンのようで、キツネの顔をした花。見た目だけを楽しむ花?特に説明は無かったものの、場を明るく照らすので、まるでみやぞんをそのまま花にした印象を受けました。

 

 

スポンサードリンク


千原ジュニア「○○○の生態」

この「○○○」に入るのが、千原せいじという生き物についての研究結果でした。好物がカレーらしいのですが、カレーを食べに世界へと旅行へ行った過去があります。他にも、汗かきすぎて感電した!?という謎の経験があります。

小学5年生の作文に・・?

小学5年生の作文に、将来「芸人になる!」と書いていたようです。

小学6年生の作文に・・?

小学6年生の作文に、将来「世界を旅する仕事に就く!」と書いていたようです。

 

これらのことを有言実行で叶える、千原せいじという生き物が改めてスゴイ!と実感するのでした。

有名人との記念撮影?

他人との距離感がスゴイ」と話を切り出すジュニア。当時、マニー・パッキャオ旋風が起こっていた時に、わざわざ本人を訪ねて会いに行ったらしいのです。パッキャオの周りにはSPが厳重に警備していた中、せいじが行くとSPが奥へ奥へと通したらしく、しまいにはスイートルームまで通すのでした。そこにはパッキャオが眠っており、SP達は「せいじさんが来ました」と寝ているパッキャオを起こし、最後にはツーショットで記念写真を撮ったのでした。

平和主義のドワン族

「ドゴン族に会いに行く!」という番組の企画で現地を訪れるせいじ。ドゴン族には神聖な躍りがあるのですが、儀式が終わるとけっして踊ることはないそうです。しかし「見たい!」と思ったせいじは、しつこく直談判をするのです。あまりにもしつこいので、平和主義のドゴン族がブチ切れ!?槍などで、せいじを威嚇するのです。この行動は、数千年の歴史を破った行為として伝説になったとか。。

名言がエグイ?

せいじが、後輩を上海へ誘った一言。

 

チャーハンのてっぺん見せたるわ」そう言い、半ば強引に上海へと後輩を連れていくせいじ。しかし、結局食べたのは「蒸しアワビご飯」なのでした(笑)

 

好きな野球のチームはどこですか?

 

「セ・パや」サッカーは「FIFAや」と言い切るのでした。他にも、「地球ちっさいわ」という謎の名言がありました。いったい、どんな場面で使ったのかが気になりますね(笑)

現在のせいじはどこに?

「コートジボワール」に現在いるそうです。場所は西アフリカで、のびのびと旅行を楽しんでいるそうです。帰国しても、日本へは4ヵ月ほどしか滞在しないらしい?つまり、見かけたらラッキーなのかもしれませんね。

 

バイキング西村「過酷キャンプのすすめ」

キャンプの楽しみ方を伝えに来た西村。年間30回以上はキャンプを楽しむそうで、冒頭から「手ぶらで楽しめるグランピング。家族で楽しめるファミリーキャンプはぬるい!」と一喝するのでした。

硬派に楽しむなら?

西村的に、ソロキャンプを楽しむのがオススメ!だそうです。そして「たき火がないキャンプはキャンプじゃない!」その火を見ながら思うことは「今起こったことでくよくよしない」とのこと。太い木でたき火をして、燃え尽きるまで見届ける。時には朝まで火を見ているらしいです。

キャンプをするなら、夏よりも冬!?

夏より冬が楽しい!」その理由に挙げたのが「虫がいない。汗をかかない。星がきれい。汗をかかないから、お風呂がいらない」そうです(笑) 他にもランタンだけで楽しむことで、闇を楽しむそうです。冬の楽しみ方には「マイナス6度の世界を楽しむ」という過酷な楽しみ方を持論として話す西村。「死にそうなほど寒い夜を過ごし、朝起きたときに「生きてる!」という実感を楽しむ!」本人にしか分からない楽しみ方なのでした。

キャンプを通して自分の美学を磨く!?

西村には。自分なりの美学というものがあるそうです。「キャンプを経て、生きてることを実感して東京に帰る。そして、たけだけしく彼女を抱く」これを聞いた宮迫は、呆れながら「ぶっとい木をすっと燃やしてほしいな。4日ぐらい燃えるやつ」。

ケンコバ「絶滅寸前のアレ」

「滅びゆくブリーフについて」熱く語るケンコバ(笑) ブリーフをこよなく愛し、ボクサーやトランクスを憎む男なのです。「ボクサーパンツは見た目だけで、中身はスカスカパンツ」と言い、それをはく男はスカスカだそうです。トランクスもまた似たような発言でした(笑)

ブリーフの利点

  1. 笑える可愛らしさがある。
    真っ白のブリーフは引くが、お洒落な物は違う。
  2. めっちゃ小さくたためる。
  3. 少子化対策のヒーロー。
    太ももの血管を押さえつけず、股間の定位置を保てる。その結果、精子の生存を高めることができるので、少子化に歯止めをかけることができる。←という持論!?

「I ブリーフ♡」??

misia ~believe~』の替え歌で「I ブリーフ♡」です(笑)

 

 

これって、本人に怒られないのかな(笑)? 意外と上手いので、そちらでも驚きました。ネーミングセンスも抜群ですね!「ブリーフは世界を救う」を世界に広めれば、無用な争いは無くなるのかもしれませんね(笑)

関連記事

[アメトーク]相方大好き芸人!博ツッコミやガンバレルーヤが変?

[アメトーク]江頭のフォーチュンクッキーがヤバいw動画で確認!

[アメトーク]読書感想文芸人でカズレーザーの桃太郎がヤバい!?

最後のまとめ

「大賞は誰だったの?」と聞かれそうなので、答えますね♪ 今回の大賞は「千原ジュニア」でした。千原せいじという、人間を語られたらそりゃ強いですよ(笑) ちなみに最下位は「みやぞん」でした。花の愛が伝わりきらなかったのが敗因かもしれませんね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク